低刺激 化粧水

敏感肌の元美容部員が会社訪問までして信頼出来る低刺激化粧水を紹介

 

このサイトでは敏感肌の元美容部員が、肌が弱い人でも使うことが出来る低刺激の化粧水を紹介しています。

 

後述しますが、私が紹介するのは実際にその会社に訪問して確認しているものだけです。

 

もちろん私も実際に使用しているものなので絶対に自信をもっておすすめします\(^o^)/

 

 

敏感肌は老けて見える?

 

肌が弱い敏感肌の人は、どうしても肌が乾燥してくすみができやすいので老けて見られがちです。私も高校生の時に、30代の主婦に間違えられて凄くショックを受けました(T_T)

 

低刺激 化粧水

 

そんなこともあり、 なんとかキレイになりたいと化粧品会社の門をたたきました。

 

化粧品会社では肌についての構造もたくさん学びましたし、実際にたくさんの化粧品を試す機会に恵まれたので、敏感肌の人はどんな化粧品を使えばいいのか?身をもって体験することが出来ました。

 

なので、敏感肌の人が老けてみられないように、敏感肌を強くしながらキレイになれる化粧水を紹介していきます。

 

敏感肌を強くして、石原さとみちゃんのようなメイクとか流行のメイクをしてキレイになっちゃいましょう!!

 

敏感肌におすすめの低刺激化粧水ランキング

トラアイルセットがある低刺激化粧水のランキングを作りました。

 

敏感肌の人は必ず、トライアルセットやサンプルでお試ししてからでないと化粧水は買ってはいけません!!

 

私も使用しているし、紹介しているトライアルセットの会社の社長さんや開発者の人に、お話を伺って信頼出来るものだけ選んでいますよ!

 

NOVIII トライアルセット

NO(ノブ)VIII トライアルセットといえば、薬局には必ず置いてある皮膚科御用達ブランドです。あなたも一度は見たことがあると思います。

 

ノブシリーズの化粧水は肌にとてもやさしく、かなりひどい皮膚トラブルを起こしていても使用できます。私は肌の状態が一番ひどいときはノブしか使えません。そのくらい信頼しています。

 

トライアルセットにサンプルでついている、バリアコンセントレイトはすぐれものなので使えればラッキーです。
>>NOVIII トライアルセットの詳しい情報を見る<<

 

40代以降の人はエイジング対策もできる、L&Wシリーズがおすすめです!
>>ノブ L&W トライアルセットの詳しい情報を見る<<

アヤナストライアルセット

アヤナストライアルセットはポーラグループの敏感肌専門ブランド、ディセンシアさんの商品です。ポーラグループは自社工場を持っていて熱心に研究していて、斬新な特許技術を持ってます。

 

アヤナスは敏感肌を強くするということに力を入れているので、敏感肌から普通肌を目指していきたい人にピッタリです。また、美容のプロからの評価が高いです。

 

肌の乾燥が激しい時に、とろみのある化粧水を使用すると落ち着きます。

 

>>アヤナストライアルセットの詳しい情報を見る<<

HANAオーガニックトライアルセット

HANAオーガニックトライアルセットはバラの香りに特徴のあるオーガニック化粧品。化粧水はスプレー式なので肌に負担がかかりません。

 

寝ている間にバラの香りがホルモンのバランスを整えてくれるので、ストレスがある人にはおすすめですが、花にアレルギーがある人や、オーガニック成分が苦手な人にはおすすめしません。

 

トライアルについているUV乳液はファンデーションとしても使えますよ。

 

>>HANAオーガニックトライアルセットの詳しい情報を見る<<

 

 

 

私が紹介するのは実際にその会社に訪問して確認しているものだけ

 

私が紹介しているトライアルセットは、それぞれ商品開発に関わった方に詳しいお話をお聞きしています。

 

低刺激 化粧水
常盤薬品の学術部リーダーの村上有美さん。

 

ノブシリーズの開発に関わっていて、学術論文も発表されているすごい方。敏感肌の構造や、敏感肌の人に必要なセラミドについて詳しく教えて頂きました。

 

トライアルセットに入っているサンプルのバリアコンセントレイトは、常盤薬品の女性社員さんが常に常備しているほどの優れものなんです。

 

私も使っていてすごく良さがわかるので、トライアルセットにサンプルを入れてほしいとお願いしました。(昔はバリアコンセントレイトのサンプルは入っていなかった)

 

 

 

低刺激 化粧水
ディセンシアの商品企画部・PR担当の堀奈々恵さん。

 

美白のスペシャリストとしても活躍されていて、敏感肌でも使える美白化粧品の開発をされました。

 

堀さんが開発した敏感肌でも使える美白化粧品はこちら
>>サエルトライアルセットの詳しい情報を見る<<

 

キャリアウーマンとして働いている堀さんも、ストレスから敏感肌に。アヤナスを使用しているそうです。

 

 

 

低刺激 化粧水
HANAオーガニック代表の林田七恵さん。

 

林田先生は、ご自身がニキビで悩んだ経験を活かしてHANAオーガニックの商品を開発されました。

 

マニアックな知識は素晴らしく、日本一美容に詳しい社長さんだと思って信頼しています。

 

社長、母、妻という役割を完璧に果たしている姿も素敵です。

 

 

 

市販の低刺激化粧水プチプラの紹介

 

市販の低刺激化粧水でお手頃価格のプチプラ商品を紹介します。こちらも私がすべて試したものなので安心してください。

 

こちらの商品は、ドラッグストア、薬局、イオンなどの大型ショッピングモールで気軽に買うことが出来ます。

 

ですが、出来れば、薬剤師さんや美容部員さんなど専門の人にあなたの肌質を伝えて相談してくださいね。また、使用できない成分がある場合も確認が必要ですよ。

 

公式サイトと書かれている部分をクリックすると、公式サイトに飛びます。成分など確認しておいたほうがいいかもです。

 

ブランド名 商品名 公式サイト
無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ 無印良品公式サイト
アクセーヌ モイストバランス ローション アクセーヌ公式サイト
ナチュリエ スキンコンディショナー ナチュリエ公式サイト

 

 

敏感肌にとって化粧水は一番危険なんですよ

 

敏感肌の人は化粧品選びにすごく苦労しますよね?

 

なかなか合う化粧品が見つからないのはもちろんのこと、一度合わなくて肌がかぶれたり赤くなったりとか肌トラブルが起こると、ブランドチェンジ(新しい化粧品に切り替えること)なんて出来ないです。

 

低刺激 化粧水

 

でも、ず〜〜っと同じ化粧品を使っていても、肌状態がよくならなければ次の化粧品を試したくなりますよね?

 

だけど、またかぶれたり、赤くなったりするんじゃないかって、怖くて次の一歩がなかなか踏み出せないのです(´;ω;`)

 

 

私が美容部員をやっていた時に、敏感肌の多くの人が化粧水から切り替えようとしていました。

 

敏感肌の人が口をそろえて言うことは、「化粧水が一番刺激が少なそうだから、ブランドチェンジするときには化粧水から試してみます。」

 

その気持、痛いほどわかりますよ! しかしですね、化粧品の中で肌に一番刺激が強いのは、なんと化粧水なんですよ!!!

 

ちょっと常識を覆されたようでびっくりするかもしれません。

 

 

なのでここはよ〜〜く、読んでくださいね。

 

化粧水というのは、分子が小さいので肌の浸透率がとてもよいのです。

 

ちょっとわかりにくいので簡単に説明すると、化粧水は肌の中の方まで浸透してしまうんです。

 

肌がよわかったり敏感肌の人は、肌表面がザラザラしてたり赤くなったりとトラブルを起こしていますが、実は肌の中のほうも炎症を起こしているんです。

 

厳密に言うと、肌の内部が炎症しているから、その延長線上で肌表面がトラブルを起こすのです。

 

だから、敏感肌の人は化粧水を使うと肌内部の炎症部分を刺激するので、ピリッとすることが多いのです。

 

 

トライアルでクリーム乳液を試してみる

 

なので、肌の炎症がひどい時は化粧水は使用してはいけないのです。

 

まずは、クリームか乳液をつけて肌表面に擬似膜を作ってあげて、外部からの刺激を防ぎ、肌内部に水分を保ってあげないといけないんですよ!!!

 

 

そんなことから、私は敏感肌の人が化粧水を買いに来た時は、使いたいブランドのクリームや乳液のサンプルを試してもらいトラブルがないようならば、化粧水を売るということをしてきました。

 

または、あまりにも肌の炎症やトラブルがひどい場合は、化粧水使用禁止令を出していました。

 

 

敏感肌の人は、デパートなどの化粧品コーナーには行きにくいので、薬局や通販で化粧水を買うことが多いと思うのですが、通販で買う場合はトライアルセットでクリームや乳液を試してからお目当ての化粧水を使ってみることをおすすめします。

 

トライアルセットのクリームや乳液が合うようでしたら、化粧水にチャレンジしてみてくださいね!

 

それで化粧水もバッチリ使えうようならば、本商品を購入してください。

 

また、トライアルセットのクリームや乳液が合わないようなら、そのブランドの化粧水は使えないと思ってください。

 

 

少し長くなったので、ちょっとことでまとめておきます。

 

・化粧水は浸透力がいいので肌トラブルを起こしやすい
・肌のかぶれや赤みなどの肌トラブルを起こしている時は、クリームや乳液を使用して肌に擬似膜を作る
・肌に擬似膜を作ることで、外部刺激から肌を守り、肌内部の保水を保つ
・ブランドチェンジをする時は、クリーム、乳液からためす
・通販で試す場合はトライアルセットがおすすめ

更新履歴